ホームセキュリティ 大阪 セコム アルソック

大阪に住んで15年が経ちました


はじめまして!愛知県名古屋市出身の宗輔といいます、33歳です!僕は生まれも育ちも名古屋で、地元名古屋の高校を卒業後は大阪の大学に進学し、大阪の某企業に就職しました。ですので大阪に住んで早いもので15年経ちました。


その間、結婚して2人の子供にも恵まれ、5年前の28歳の時に大阪府吹田市の中古一戸建ての家を購入しました!中古住宅自体は大阪にしては安かったのですが、その分リーフォーム代が結構かかったので、それなら新築でも良かったかも?と少し後悔しています。。


さて吹田市は大阪万博記念公園(太陽の塔)が近く、ガンバ大阪のホームスタジアムである万博記念競技場もあり、ららぽーとEXPOCITY(エキスポシティ)、そして同じ敷地内にオービィ大阪、ニフレルもあるので、散歩に買い物に、そしてサッカー観戦にと、小さい子供がいる我が家では最高の場所でとても生活しやすいです。





 

セコム・ホームセキュリティの見積もり金額


大阪府吹田市に中古一戸建て(4LDK)の家を購入し5年以上経ち、今のところ特に危険な思いをしたこともなく、治安の悪さも感じていませんが、マンションに比べれば一戸建て住宅は防犯面で不安ですし、上の子が小学校に通うようになり、小学生の子供が家で1人で過ごすこともあるので、ホームセキュリティの必要性を感じ、検討していました。


色々調べたら、大阪でホームセキュリティを選ぶとなると、セコム、アルソック、関電SOSの3社が選択肢となりますが、考えた結果、セコムとアルソックの2社を比較し、どちらかを利用することにしました。


そこでセコムとアルソックの資料をホームページから請求し、資料に一通り目を通し、早速セコムとアルソックの2社に電話で見積もりを依頼しました。


まず見積もりに来たのはセコムです。40代前半くらいの営業マンが1人で家に来て、お茶を飲みながら雑談をして、家族構成や防犯面で不安なことを聞いてきて、その後、家の中でどこのドア、窓にセンサーを付けるか?を見て回りました。


そして色々計算し、「保証金0円 / 工事代金5万円+税 / 月額5千円+税」の見積額が提示されました。


セコムの場合、家庭向けホームセキュリティの多くが機器をレンタルするプランみたいで、今回もレンタルプランの見積額でしたが、資料には一戸建て4LDKの場合、「保証金2万円(解約時に全額返金)/工事代金62,000円+税/月額7,400円+税」と記載されていましたので、資料に記載されている料金よりも安かったです(* ̄0 ̄)/



資料よりも実際の見積価格が安かった理由は、付けるセンサーの数自体は資料に記載されているプランと同じですが、ある程度、営業マンの裁量で値段を決められるみたいで、その結果、資料よりも安い価格の見積額でした。見積もりは1時間もかからず終わりました。


アルソック・ホームセキュリティの見積もり金額


セコムの見積もりから5日後にアルソックの見積もりとなりました。アルソックの営業マンは名刺に主任と書いていた50代くらいの男性でした。

アルソックの営業マンはセコムの営業マンに比べ、良くしゃべり冗談も言う、いかにも関西人らしい人でした(;^_^


見積もり自体はセコムと同じような感じで、アルソックの場合は3プラン、「機器お買い上げプラン/機器レンタルプラン/初期費用ゼロプラン」の3プランの見積金額を提示してくれました。


例えばセコムと同じ機器レンタルプランの場合、「保証金0円 / 工事代金57,200円+税 / 月額7,140円+税」の見積額でした。


セコムとアルソックの2社の見積額を比較した場合、工事代金も月額料金もセコム・ホームセキュリティのほうが安いという結果となりました。

セコム・ホームセキュリティの契約から工事まで


セコムとアルソックの見積もりを終えて、料金とセキュリティ内容を比較した結果・・・、セコム・ホームセキュリティを契約することに決めました!


決め手は費用です(`・ω・´)工事代金は2社とも大差ありませんでしたが、毎月の月額料金が2千円も違うとなると、年間で2万4千円も違ってくるので、これはかなり大きいですし、なんといってもセコムは業界1位の人気のセキュリティ会社なので、その点からいっても簡単な決断でした。


そして契約を終えてセンサー類の工事日となりました。この工事日に家のカギを2組セコムに預けなければならなかったので事前に合鍵を作り、工事自体は3時間ほどで終わりました。


工事が終わったら、セコム・ホームセキュリティのシステム、セコムホームコントローラーの操作方法、何かあったときの対処法、セコムステッカーについての説明を30分ほど受けて終了し、その日から利用開始となりました。






セコムステッカーは「自分たちで好きな所へ貼ってください」と言われたので、玄関に大1枚、1階の窓に小3枚、貼りました。ただステッカーは大5枚、小10枚貰えたので、だいぶ余りましたが。。



セコムホームコントローラーの操作は簡単で、利用開始から1週間ほどで家族全員が操作方法を覚えました。


ただ、たまにセキュリティ状態(在宅セコム中)にもかかわらず玄関ドアを開けたり、窓を開けて警報音を鳴らしてしまうこともありますが(-。−;)


セコムのステッカーだけでも防犯効果はかなりあると思いますし、防犯についての悩みも減ったので、少しでも不安を感じている方にはホームセキュリティはおすすめです。


大阪でのホームセキュリティの選び方


ホームセキュリティの選び方はそれほど難しくないかもしれません。そもそも選択肢がセコムとアルソック、そして地域専用のホームセキュリティ会社(大阪の場合は関電SOS)の2〜3社くらいしかないので、その中から価格(保証金・工事代金・月額料金・オプション料金)、セキュリティ内容、後は好み(セコムステッカーを貼りたいなど)で選べばよいだけです。


ホームセキュリティを契約するまでの流れは、


資料を請求し大まかな金額やホームセキュリティのシステムなどを確認

候補のセキュリティ会社(セコム・アルソックなど)に見積もりを依頼

見積もりで正確な利用料金を出してもらう

見積もり金額、サービス内容などを比較

契約(必要な物:合鍵2本/印鑑(認印で可)/銀行口座情報orクレジットカード)

工事&利用開始

以上のような感じとなります。


資料請求から利用開始までは2週間〜1ヶ月ほどはかかると思いますので、切迫した事情がある場合などは早めに見積もりをしてもらうことをおすすめします。


ちなみに今回、我が家ではセコムとアルソックに見積もりを出してもらい、セコムのほうが安いという結果となりましたが、料金は家の間取り(付けるセンサーの数)、オプション、地域、営業マンの裁量などによって異なりますので、場合によってはアルソックのほうが安い可能性もありますので、ホームセキュリティを考えられている方は最低でも大手2社のセコムとアルソックの見積もりは出してもらうことをおすすめします。



選ぶなら、セコム・ホームセキュリティ





ALSOKホームセキュリティBasic

HOMEALSOK みまもりサポート



関電SOS


セコム・アルソック・関電SOSの資料をまとめて請求できます





更新履歴